FC2ブログ

3月21日の夕方に「若森君、24日に来ないか」というお電話が大学院時代の恩師、重田先生からあり、連れ合い、東京から帰省中の娘といっしょに、六甲のお宅に伺った。以前から奥様のkuriko先生の描かれてきた絵を是非手に入れたいと望んでいて、同僚の小池さんを通して重田先生にお願いしたところ、「見にきてくれ、気に入った絵をあげる」という願ってもない機会をいただいた。
スポンサーサイト



最近のグルメ探索など

しばらくHPへのアクセスがうまくいかないこともあって、グルメの経験も停滞気味だ。しかし、おいしいお蕎麦を見つけた。一つは、豊中市上野坂1の、上野会館前にある「そば紀行」で、十割そばはこれまで食べた蕎麦ののなかでは一番の味と思った。白と黒のざる蕎麦があるが、黒がおすすめ。上野坂は自宅から徒歩で40分ぐらいなので、散歩を兼ねて行くのが楽しみになった。休日は火曜日で、営業は昼のみ。客が注文してからこねたり茹でたりするので、30分ぐらい待たせれるのが欠点といえば欠点で、何か読むものを持参して対応する必要がある。連れ合いは箱根や軽井沢や小諸の蕎麦よりも美味しいと言っている。もう一つは、3月6日に比叡山を訪ねたときに、京阪坂本の近くにある鶴喜蕎麦(つるきそば)で食べた蕎麦。ここで食べた鴨南蛮もうまかった。しかし、ここではやはりざる蕎麦を食べるべきだった、と少々後悔が残った。この数年のあいだうまいと思って時々行くのが、朝どら「ゲゲゲの女房」で有名になった新宿近郊の深大寺(調布)境内にあるいくつかのそば屋だったが、これで時々行ってみたい蕎麦屋さんが3つになった。実は、上野坂のそば紀行には、太目のまき寿司(1000円)があって、これがなんともうまい。そば紀行にこのまき寿司を食べに行く人もいるらしい。

今日は卒業式

今日3月19日は関西大学の卒業式で、経済学部は昼の部で、式が終わるのは3時、3時15分からゼミごとに卒業証書を配布する段取りだ。教室で待っているが、なかなか学生が来ない。「卒業おめでとう。No sweat,no sweet]と黒板に書いていると、4時ごろ学生がやってきた。今年はインタファカルティ専修が設置されてから最初の卒業生で、19名のゼミ生は全員がスポーツ関係のクラブに所属している。うち女性は4名で、2人は陸上選手、2名はマネージャーとなっている。アメフトの男子学生が7名いるが、卒業するのは2名だけで、5名が留年となった。結局、卒業するのは14名となった。留年の理由はアメフトが2009年には日本1になり、2010年も優勝争いに参加したので、授業には出れず、就職活動もをこなすことができなかったためだ。証書をひとりずつ配るまえに、「社会は甘くはない。No sweat,no sweetを忘れるな。君たちは超就職氷河期と3.11の東北関東大震災という厳しい試練を受けた。いちばん悪いことを経験したので、これからの人生は今よりもよくなっていくはずだ。聞き上手の人が伸びていくように思うので、「聞く」ということを大切にして生きてほしい。」としゃべって、卒業のお祝いのメッセージをおくる。うれしいことが2つあった。1つは、卒業できなかったアメフトの学生が顔を見せてくれ、卒業する学生を祝福してくれたこと。いいところがると思った。2つは、大きくて豪華な花輪とダンヒルのネクタイをみんなでプレゼントしてくれたこと。自分では絶対に買わないような素敵なネクタイで、包装を解いてネクタイを首に巻いて、花束を抱いて、ゼミ生とたくさんの記念写真を撮りました。いい年をして、久しぶりにはしゃぎました。教師冥利でした。
プロフィール

パエリア1

Author:パエリア1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR